ネット空間でのデータ保存|忘れてはいけないインターネットの引っ越し手続き

忘れてはいけないインターネットの引っ越し手続き

女の人

ネット空間でのデータ保存

ネット

災害にも安心できる保存法

インターネット社会で重要なことは、万一の時に備えて資料やデータをしっかりバックアップしておくことです。ほとんどの企業ではサーバーやハードディスクなどに保存しています。しかし日本は災害が多い国柄です。地震や津波や大規模火災などが発生すると、サーバーやハードディスクは破壊されてしまいます。最も安全なのはそのような災害の影響を受けないクラウドの利用です。クラウドというのはインターネット空間にバックアップができるシステムで、地上でのバックアップとは根本的に違います。インターネット環境があれば、世界のどこにいてもクラウドからデータを取り出すことができるのです。自社で莫大な費用をかけてバックアップシステムを構築するより、安全で安いコストでバックアップ体制を敷くことができるのがクラウドです。

万全なセキュリティが大事

インターネット空間にバックアップできるのがクラウドですが、気をつけたいのはセキュリティです。誰でもアクセスできるようではデータが漏洩してしまいます。それを防ぐためには万全なセキュリティを構築する必要があります。セキュリティを万全にするための1つの方法として、複数のクラウドにバックアップします。もし1ヵ所に不具合が発生しても、別のクラウドに保存してあれば安心です。バックアップをシステム化するための業者は色々ありますが、セキュリティ面で実績のある大手を利用するというのも良い方法です。実績のある業者では暗号化対策がしっかりしており、外部から容易にアクセスできないようにシステムを構築できます。クラウドのセキュリティを完璧にするには、第三者機関による評価も大事です。