忘れてはいけないインターネットの引っ越し手続き

男の人

サーバーの置き場所

IT

ファイルサーバをクラウド化することは、通信の高速化やセキュリティ対策の向上によって利用が進んでいます。企業のBCP対策としても万が一の災害時にデータを守ることができ、事業継続できる点で優れているといえます。

詳細へ

ネット回線も移動する

システム

ネット回線の移設

引っ越し前にインターネット回線の手続きを先行して行いましょう。引っ越し後にすぐに使えないと非常に不便であり、業務にも支障をきたす可能性があります。引っ越し先での立ち合い作業が必要な場合もあり、早めに手配しておくことが大事です。引っ越し先に既にインターネット回線が繋がっていれば良いのですが、回線工事が必要な場合があります。その場合には、工事の予約も必要であり、1か月前程度には予約しておくと良いでしょう。インターネット回線の工事は、即日対応してもらえるものではないため、早めに準備しましょう。予約さえすれば、特段自身での作業はなく、立ち合い工事がなければ、インターネットプロバイダに連絡することで準備は完了します。

ネット回線の変更

引っ越しと同時に、インターネット環境を変更することもあると思います。この場合でも、1か月前程度には、新規契約をしておくと良いでしょう。インターネット回線を新規で開設する場合には、回線工事業者が混んでいる場合には1か月程度待たされる場合があります。長期でインターネット回線が不通になることの無いように、早めに契約は行いましょう。インターネット回線を変更した場合には、パソコンの設定も変える必要があるため、そのための作業も考慮しましょう。パソコンが少数であれば良いですが、多数ある場合には、設定変更の作業時間を考慮する必要があります。パソコンの設定変更は、簡単な作業ですが、台数が多いと大変な作業になります。

ネット空間でのデータ保存

ネット

データのバックアップをすることは重要なことといえるでしょう。企業には大切なデータがたくさんあり、万一の時のために保存する必要があります。日本は災害国なのでハードディスクのみへの保存は完璧ではないのです。安全なのはクラウドです。インターネット空間に保存するシステムで、セキュリティさえ万全なら最も安全です。

詳細へ

クラウド保存のメリット

ネットワーク

離れた拠点間や取引先との間でファイルを共有する手段として、オンラインストレージが多くの企業や法人に利用されています。強固なセキュリティに守られた法人向けのオンラインストレージは利便性も向上しており、BCP対策にも有効です。ファイル共有から万が一に備えたバックアップまで、さまざまな用途が考えられます。

詳細へ